5bis,kotsubo(パティスリー)|逗子マリーナの外れにある小さな洋菓子店

食べる

こんにちは!逗子市在住のとと(totosan_desu)です。

今回は小坪5丁目にある「5bis,kotsubo(サンクビスコツボ)」さんをご紹介します!

逗子マリーナの外れにある、可愛らしいケーキや焼き菓子が並ぶ小さな洋菓子店です。

スポンサーリンク

基本情報

住所神奈川県逗子市小坪5-9-11
電話番号046-761-0222
営業時間12:00〜18:00
定休日毎週火・水曜日
(不定休日が多いので詳細はinstagramをご確認ください)
座席数なし(テイクアウト専門)
駐車場なし
公式SNSInstagram

店名はフランス語で”小坪5丁目”という意味があります。

DM・電話での予約・取り置きは受け付けていません。店頭での予約のみ対応しているそうですので注意しましょう。また、夕方ごろには売り切れていることが多いため、お目当ての商品がある場合は早めの来店が吉です。

アクセス

場所はこちらです。

逗子マリーナから徒歩1分ほどのところにあります。JR逗子駅や京急逗子・葉山駅からは徒歩30分以上かかるため、ダイチャリなどを利用するのがおすすめです。

専用の駐車場はありません。小坪海浜地駐車場という広めのコインパーキングがありますので、そちらを利用しましょう。

外観と店内のようす

小坪漁港近くの港町らしい小規模な飲食店が点在する通り沿い。白い外観が目を引く3階建ての建物です。

1階部分は奥様がシェフを勤めるパティスリー、2階部分はご主人がシェフを務めるビストロ(現在休業中)になっています。パティスリーの接客はご主人も対応していて、お二人との楽しい会話もこのお店の人気の秘訣。

木目を基調としたなんとも可愛らしい店内には、ケーキと焼き菓子がそれぞれ10種類ほど並びます。

DIYで仕上げたという内装がとても良い味を出していますね。焼き菓子はひとつひとつ丁寧に梱包されていてどれも美味しそう。

ショーケースには美しいケーキが陳列されています。この日は15時前くらいに訪問しましたが、雨だったこともありたくさんの商品が残っていました。普段は売り切れの商品も多い時間帯とのことです。

オーダーケーキのサイズ別料金の一覧です。予約は事前に店頭で申し込む必要があります。美大出身でフランス修行までしたシェフが作るケーキはセンス抜群!心躍る可愛らしさです。

実際にいただきました

今回購入したのは、季節のショートケーキ(イチゴ)、ガトーフロマージュ、ムースオショコラシトロンの3つです。

ショートケーキは、一見目の荒そうなスポンジですが、口に入れるとシフォンケーキのようなふわふわの柔らかな食感。軽めの生クリームとイチゴのバランスが最高です。

ガトーフロマージュは、北海道産クリームチーズとサワークリームを使用したクリーミーなベイクドチーズケーキ。最後の一口となる部分に隠されたラムレーズンがアクセントとなり最後まで飽きずに楽しむことができます。

ムースオショコラシトロンは、ダークチョコレートのムースを主体に小田原自然農法レモンライムのクリームが入っています。濃厚なチョコレートの香りにレモンライムの爽やかな風味が最高の組み合わせです。

最後に:お店もお菓子もセンス抜群の可愛さ!

今回は小坪5丁目にある「5bis,kotsubo」さんをご紹介しました。

DIYで仕上げたという内装がおしゃれな店舗。そんな店内には、美大出身でフランス修業を経験したシェフパティシエが作る美しいケーキや焼き菓子が並びます。空間、味、見た目、隅々までセンスが光る素敵なお店でした。

逗子マリーナや小坪漁港にお出かけの際にはぜひ足を運んでみてください。

以上、目指すは逗子のグルメ王、とと(totosan_desu)でした!ではまた!!

こんにちは!“たいしょう”と申します。

絶賛こそだて奮闘中のアウトドアお父さんです。

2021年、逗子に移住しました。中古戸建てのDIYセルフリフォームを楽しんでいます。

このブログでは、逗子の魅力、子育て、DIYなどなど、少しでも皆さんのお役に立てるような情報を発信していきます!

詳しいプロフィールはこちら

FacebookページとInstagramのフォローをお願いします!
食べる
スポンサーリンク
この記事がいいなと思ったらシェアお願いします!
FacebookページとInstagramのフォローをお願いします!
そとでこそだて【ソトコソ】

コメント