池子の森自然公園【完全ガイド】どこよりも詳しく紹介します【逗子】

逗子

逗子市といえば逗子海岸が有名ですが、海以外にも自然を感じられるスポットがたくさんあります。

その中でも緑に囲まれながらゆったりとした時間を過ごしたい時におすすめなのが「池子の森自然公園」です。

とと
とと

適度に整備されながらも手付かずの自然が残されていて良い雰囲気だね。

かか
かか

子供連れでも安全に遊べるし、大人だけでも十分楽しめる公園だよね。

その名前からも分かるように、70年間人の手がほとんど入らなかったという自然が残された貴重な公園です。しかも自然を楽しむだけではなくスポーツエリアもあり様々な楽しみ方が可能です。また、横須賀米軍基地のベッドタウンと隣接していることもあり、何処となくアメリカンな雰囲気も感じることができます。

そんな魅力満載の池子の森自然公園について、おそらくどこよりも詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

禁止事項

とても大切なことなので最初にお伝えしたいことがあります。

池子の森自然公園では、たくさんの動植物が共生する豊かな自然環境を守るため、自然を楽しむ方の迷惑とならないようにするため、下記事項が禁止されています。

・動植物の採取・持込
・採取に関わる道具の持込
・釣り
・動物にエサを与える行為
・車両の緑地エリアへの乗り入れ
・火気使用および喫煙
・立入制限区域への立入
・スケートボード、ラジコン、楽器の使用

ひとりひとりがしっかりとルールを守ることが大切です。自然に感謝しながら公園での遊びを楽しみましょう。

アクセス

場所はこちらです。

池子エリアから久木エリアにかけて大きく広がった公園です。出入口も池子側と久木側に2箇所あります。

池子側出入口はわかりやすいですね。米軍ファミリーハウスへの出入口も近くにあります。

久木側出入口は少しわかりづらいかもしれません。

ちなみに自転車とペットは基本的に禁止ですが、2つの出入口の間だけは通行可となっています。(下記総合案内板写真の赤点線部分です。)

電車で行く場合

最寄り駅の京急神武寺駅から池子側出入口までは徒歩8分ほどで着きます。

JR逗子駅から久木側出入口までは徒歩20分ほどかかります。

車で行く場合

池子側出入口には駐車場が3つ用意されており、40台程度は駐車可能です。

久木側出入口付近にも駐車場がありますが、6台しか停めることが出来ないので注意が必要です。

開園時間と休園日

開園時間と休園日はエリアによって異なります。

緑地エリア

豊かな自然環境を守るため、緑地エリアは開園している日が限られています。

開園日:土/日/祝/水(水は試行的に開園中)
休園日:月/火/木/金
開園時間:8:45〜17:00

地域住民の方達の働きかけにより、現在水曜日は試行的に開園されています。利用ルールがしっかり守られれば今後の開園日拡大も検討しているそうです。

スポーツエリア

スポーツエリアはナイター利用も可能です。

開園日:火〜日
休園日:月(月曜が祝日の場合は翌平日)、年末年始
開園時間:9:00〜21:15

3つのエリア

この公園は大きく3つのエリアに分かれています。ひとつずつ見ていきましょう。

森林保全エリア

公園の西側に広がる森林は自然の遷移が進んでいて動植物たちにとって非常に貴重な環境が残されているそうです。そのためこのエリアには原則立ち入ることができません。

自然観察エリア

公園の大部分を占めるのが自然観察エリアです。様々な動植物を観察することのできるエリアで、大人も子供も大いに楽しめます。

夏場には木と木の間にハンモックをかけて昼寝している人などもいてとても気持ち良さそうでした。

大きな池

自然観察エリアには大きな池があります。生き物のためのサンクチュアリとのこと。絶対に足を踏み入れぬように。

6〜7月には蛍を観ることができます。もちろん捕まえるのはNGです。

ビジターセンター

自然観察エリアの東側にはビジターセンターがあります。

トイレも併設されています。

小さな部屋ですが、子供の好奇心をかき立ててくれる楽しい空間です。

公園内に生息する昆虫の一覧です。とても貴重な自然環境が残されていることが一目でわかりますね。

他にもちょっとしたクラフトコーナーがあったり。

鳥の羽のパズルがあったり。

伝言マップがあったりします。

ほっこりしますね。

トンネル

自然観察エリアとスポーツエリアの間には山があり、トンネルで繋がっています。公園内ですが米軍関係者の自動車が走っているのでちゃんと歩道を歩きましょう。

散策路(ハイキングコース)

トンネルを通らずに山を登って迂回する散策路もあります。今回は自然観察エリア側(久木側)から登りました。

最初は怖がっていた3歳の娘もガンガン登っていきます。

結構険しい場所もあります。

動物の巣になっていそうな穴がありました。が、特に動物は見当たらず。

頂上には休憩所があります。緑に囲まれながらコーヒーなんて飲んだら気持ち良さそうです。

竹藪を抜けて山を下っていきます。

スポーツエリア側(池子側)出入り口に辿り着きました。所要時間は子供と一緒に歩いて30分ほどでした。

シロウリガイの化石

スポーツエリア側の散策路出入口付近にはシロウリガイの巨大な化石があります。なんでも約300万年前、この一帯は水深約2000mだったのだとか。本当に面白いものがたくさんありますね。子供も興味津々です。

スポーツエリア

米軍のベッドタウンがある池子側はスポーツエリアとなっており、様々な種類のスポーツを楽しむことができます。

テニスコート

テニスコートはハードコートが3面ありますが、1面は米軍専用です。ナイター利用もできます。

野球場(大・小)

野球場は大・小の2つあります。ちょっとわかりづらいですがこちらが大きい方。

こちらが小さい方です。

400mトラック

400mトラックは貸切の予約が入っていなければ無料で自由に利用できます。

池子遺跡群資料館

公園の管理事務所はスポーツエリアにあります。トイレも併設されています。

この建物の3階が池子遺跡群資料館展示室です。無料で見学することができます。

約400万年前のシロウリガイの化石や旧石器時代〜近世にかけての出土品などが展示されており、逗子エリアの歴史を感じることができます。

最後に:自然とスポーツと文化を楽しむ最高の環境

今回は神奈川県逗子市にある池子の森自然公園を紹介しました。

豊かな自然の中で動植物の観察やハイキング、テニスや野球などのスポーツ、さらには逗子の歴史まで楽しむことができる貴重な公園です。緑地エリアの開園日は限られていますが、利用者によってルールがしっかりと遵守され自然が侵されていないことが確認されれば、開園日の拡大も検討中とのこと。

ルールを守り、来た時よりも綺麗にして帰る。この貴重な大自然に感謝しながら節度ある遊び方で休日をエンジョイしましょう!

以上、逗子のお出かけスポット開拓中ととでした!ではまた!!

とと

こんにちは!『とと』と申します。

絶賛こそだて奮闘中のキャンプ好き栄養士お父さんです。

2021年、逗子に移住しました。中古戸建てのDIYセルフリフォームを楽しんでいます。

このブログでは、外遊び大好きな私がこそだてをする中で感じたことや便利だったもの、その他いろいろ書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら

逗子
スポンサーリンク
そとでこそだて【ソトコソ】

コメント