逗子海岸から徒歩10分!浪子不動園地を詳しく紹介【浪子不動の秋月】

逗子観光

逗子にはロケーション抜群の公園がいくつかありますが、みなさん浪子不動園地をご存知でしょうか?

逗子海岸から徒歩10分、海をすぐ近くに感じることのできる素敵な公園です。

とと
とと

公園からの眺めは逗子八景にも選ばれているよ!

かか
かか

浪子不動(高養寺)が近くにあって歴史も感じることができる公園だよね。

ちょっと影の薄い公園ではありますが、逗子の高級住宅地・披露山の麓に位置し、明治時代の小説にも登場するなどとても歴史のある公園です。

逗子の歴史に想いを馳せながら海をボーッと眺めることのできる、私も大好きなこの公園。写真多めでどこよりも詳しく紹介していきます!

スポンサーリンク

アクセス

場所はこちらです。

逗子駅から徒歩で約20分。逗子海岸中央付近からは徒歩で約10分なので、海水浴のついでに訪れるのもおすすめです。

施設紹介

ランニングがてら現地に行って写真を撮って来ましたので、それを見ながら施設の紹介をしていきます。

浪子不動こと高養寺

この公園がなぜ浪子不動園地と呼ばれるかというと、公園のすぐ隣に浪子不動と呼ばれるお寺があるからです。

小高いこちらの階段の上にお寺があります。

小さいながらも雰囲気のある佇まいですね。

浪子不動という名前の由来は、この場所が明治の文豪・徳冨蘆花のベストセラー小説『不如帰(ほとどぎす)』の舞台であり、そのヒロインの名前が「浪子」だったからとのこと。

徳冨蘆花といえば逗子にはいくつか所縁の地と言われる場所があり、蘆花記念公園もその一つ。こちらもおすすめの公園です!

小さな滝もある

お寺の脇には小一時間眺めていられそうな小さな滝があります。なので昔は白滝不動とも言われていたらしいですよ。

お寺と海を同時に眺める絶景

滝の横を通る階段を少し登ると、お寺と海を一望できる絶景を拝めます。

これは逗子市内でも他にはない風景ですね。この日は雲が多くて残念でしたが、風情があってめちゃくちゃおすすめです。

披露山公園へつながるハイキングコース

こちらの階段の先はハイキングコースになっており、軽い山道を登れば披露山公園まで歩いて行くことができます。

披露山公園は富士山を望む絶景だけでなく、動物がいたり、ザリガニ釣りができたり、遊具もあったりと大人も子供も楽しめる公園です!

海を近くに感じる広場

肝心の公園部分ですが、国道134号線を挟んですぐ海があるという、海をすぐ近くに感じることの最高のロケーションです。

海の近さでいえば小坪海浜公園と1・2位を争う感じでしょうか。

海の向こうに見えるのは逗子海岸です。

遊具などはなく、ベンチとヤシの木のあるシンプルな広場ですね。

名前の由来ともなった明治の文豪・徳冨蘆花の所縁の地ということがわかります。

不如帰の碑と葛ヶ浜岩礁地帯

公園の隣にあるこちらの階段を降りて国道134号線を潜ると海へのエントリーポイントがあります。

干潮時には向こうに見える不如帰の碑まで岩礁地帯が広がり、磯遊びを楽しむことができます。

難しいことはよくわかりませんが、この岩礁地帯は波と地震でできた特殊な地形らしいです。

ちなみに不如帰の碑石は、江戸時代の初めに江戸修築に使われるはずだったものが船の難破で置き去りにされたものとのこと。色々と歴史があって面白いですね。

逗子八景の一「浪子不動の秋月」

浪子不動園地からの景色は逗子市観光協会の定める逗子八景の一つに選ばれています。

秋月ということなので秋の夜長にこの公園でボーッとするのが最高に気持ちいいということでしょう。時季が来たらまた写真アップしますね。

最後に:逗子の歴史と自然を堪能できる公園です

とと
とと

歴史を知ると公園巡りがもっと楽しくなるね!

今回紹介した浪子不動園地は逗子にある公園の中でも特に歴史ある公園です。

逗子海岸から徒歩10分程度で行くことができるので、海水浴の合間に逗子の歴史に触れてみるのはいかがでしょうか?

海からすぐ近くで磯遊びができたり、ハイキングコースまであったりと、自然を楽しむにも十分な環境です!逗子の歴史と自然を最も堪能できる公園で観光でも十分に訪れる価値のある公園だと思いますので、是非いちど足を運んでみてください。

以上、目指すは逗子の道先案内人、ととでした!ではまた!!

コメント

  1. […] […]