蘆花記念公園【完全ガイド】どこよりも詳しく紹介します【逗子】

逗子

逗子には大自然を感じることのできる公園がいくつかあります。その中でも自然に触れながら文化的な楽しみ方もできるのが今回紹介する蘆花記念公園です。

とと
とと

長柄桜山古墳群につながるハイキングコースがあったり、近代和風建築や庭園などを見て楽しむことができるよ!

かか
かか

逗子八景に選ばれるほど景色が良くて、特に富士山と海が綺麗に見えるのもポイントだよね。

こちらの公園は明治の文豪・徳富蘆花ゆかりの地で、昭和59年に逗子市制30周年を記念して開園されたそうです。

娘と一緒に写真を撮りながらぐるりと公園を一周してきましたので、魅力満載の蘆花記念公園をたくさんの写真と共にどこよりも詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

アクセス

場所はこちらです。

逗子市桜山8丁目にあり、逗子海岸から徒歩5分ほどのところに位置しています。海水浴のついでにちょっと遊びにいくなんていうのもアリかもしれません。

電車で行く場合

Google先生によるとJR逗子駅からは徒歩21分、京急逗子・葉山駅からは徒歩17分です。真夏だと歩くのがちょっとつらい距離ですね。

車で行く場合

専用駐車場はありません。近所にコインパーキングがたくさんありますのでそちらを利用してください。ただし、夏は海水浴客で駐車場は満車になっていることが多く、料金も高く設定されているので注意が必要です。

ダイチャリがおすすめ

逗子市内にはシェアサイクルサービスのダイチャリがたくさん設置されていますのでこちらを利用すると良いかもしれません。ただこちらも夏はかなりの人気なので確実に借りるには朝早めの行動が必須です!

‎HELLO CYCLING - シェアサイクル
‎全国4000箇所以上でシェアサイクルが利用できる、HELLO CYCLING - ハローサイクリング! 日常生活から観光まで、さまざまなシーンで移動が快適な「電動アシスト付き自転車」があるハローサイクリングを利用してみませんか? 【HELLO CYCLINGの特徴】 ・電動アシスト付き自転車なので移動がとっても快適...

施設紹介

それでは写真を見ながらどんな公園なのか詳しく見ていきましょう。

園内マップ

公園に着くとさっそく園内マップを発見しました。

全体図はこんな感じです。ぱっと見でかなり広い公園ということがわかりますね。

東側(マップ上側)のハイキングルートを登ると、逗子・葉山をまたぐ長柄桜山古墳群まで繋がっています。

中央広場

今回はまず中央広場から入りました。

特に設備などは無く芝生が広がっているエリアです。

可愛い猫がいました。

緩やかな階段を登って南広場へと向かいます。

南広場

南広場の手前には紫陽花が植えられているようです。梅雨時にまた来てみよう。

南広場は中央広場より広めです。

ちょっと腰掛けられるブロックがあったり、

ご飯が食べられそうな場所もありました。

園内唯一のトイレも南広場にあります。

平和を祈った記念碑がありました。

南広場から郷土資料館へと向かう道中には明治の文豪・徳富蘆花の詩がたくさん飾られています。

おそらくこれでコンプリートしているはず。こういうのは全部見たくなってしまいますね。

郷土資料館

詩を読みながら階段を登ると郷土資料館に辿り着きました。

大正元年に建築された建物で、元々は横浜の実業家の別邸だったとのこと。

残念ながら現在は資料館は閉館していました。

資料館の裏には庭園が広がっています。

別棟もありました。

ハイキングコース

資料館裏の庭園を抜けた先には長柄桜山古墳群につながるハイキングコースがあります。

娘が登りたいというので挑戦してみました。通路(っぽい部分)の隣は急斜面になっているところなどもあり、子連れの場合はかなり注意が必要です。

途中で木々がひらけている場所があり、海を観ることが出来ました。これは絶景!

おそらく8合目あたりで娘がギブアップ。3歳児にはちょっと厳しいハイキングコースでした。

第一・第二休憩所と野外炊事場

ハイキングコースを降りて休憩所方面へと向かいます。

こちらが第一休憩所。

こちらが第二休憩所です。

近くには野外炊事場もあります。

これらの施設の利用にはこちらから市の利用者登録と事前予約が必要です。

のぼり釜もありましたが、こちらは現在は使われていないそうです。

広場

炊事場の横には日本庭園のような大きな広場が広がっています。

徳富蘆花の文学碑がありました。

文学碑の後ろには湧水なのか水が滴る小さな滝とも言えそうな、なんとも雰囲気の良いスポットが。癒されます。

広場の脇に人気のない廃墟のような建物があり、これはちょっと怖かったです。なんの建物なのかな?

旧脇村邸

一旦公園を出て最後に向かったのが公園の北側にある旧脇村邸です。

昭和9年に建てられた二階建ての数寄屋造りの建造物で国の登録有形文化財に指定されています。

裏の山道は郷土資料館や長江桜山古墳群へのハイキングルートに繋がっています。

逗子八景の一「桜山の晴嵐」

逗子市内の景勝地8ヶ所を逗子八景として逗子市観光協会が定めています。

その中のひとつ「桜山の晴嵐」が蘆花記念公園の郷土資料館付近から見るこの景色です。逗子海岸、相模湾、披露山、江ノ島、そして富士山を一望できます。残念ながらこの日は富士山が雲に隠れていましたが、これで富士山まで見ることができればまさに絶景と言えるでしょう。

かつてはここに別荘を持っていた人がいたとは…。羨ましい限りですね。

最後に:自然と文化に触れ最高の景色を楽しむことのできる公園

今回は神奈川県逗子市にある蘆花記念公園を紹介しました。

自然を感じながら貴重な文化遺産を見て楽しむことのできる珍しい公園です。娘だけでなく私まで一緒になってはしゃいでしまいました。

また、逗子ならではの絶景がとても素晴らしく、春夏秋冬それぞれの季節で違った楽しみ方ができそうなのもとても良いですね。

地元の人だけではなく観光でも十分に行く価値のある場所だと思います。海岸から徒歩5分、海水浴に飽きたらちょっと足を運んでみてはいかがでしょうか。

以上、逗子のお出かけスポット開拓中ととでした!ではまた!!

とと

こんにちは!『とと』と申します。

絶賛こそだて奮闘中のキャンプ好き栄養士お父さんです。

2021年、逗子に移住しました。中古戸建てのDIYセルフリフォームを楽しんでいます。

このブログでは、外遊び大好きな私がこそだてをする中で感じたことや便利だったもの、その他いろいろ書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら

逗子
スポンサーリンク
そとでこそだて【ソトコソ】

コメント