鎌倉市子ども自然ふれあいの森【完全ガイド】どこよりも詳しく紹介【逗子】

逗子

逗子には山を切り拓いた高台の分譲地がいくつかあります。その中の一つが逗子市と鎌倉市にまたが逗子鎌倉ハイランド(通称:久木ハイランド)です。今回紹介する鎌倉市子ども自然ふれあいの森はこの分譲地内にあります。

とと
とと

この公園からの360度見渡せるパノラマビューが最高の絶景なんだよ!

かか
かか

高台の閑静な住宅街で周辺の雰囲気もすごく良いよね。

山の頂上で駐車場も無いので知るひとぞ知る公園という印象ですが、こういう所に本当の絶景があったりするんですよね。そういった意味では大崎公園と似た感じかもしれません。

ただし海が近い大崎公園とは違い、この公園の魅力は遠いながらも海を眺めつつ更には逗子の街並みを360度のパノラマビューで楽しむことができるという点です。今回はそんなパノラマ写真もお見せしながら鎌倉市子ども自然ふれあいの森についてどこよりも詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

アクセス

場所はこちらです。

久木ハイランドの頂上にあります。駐車場はありませんし、一番近いコインパーキングでも歩いて15分ほどかかります。

アクセスは非常に悪いですが、だからこそ人が少なく落ち着いて自然を楽しむことができる穴場スポットでもあると言えます。

施設紹介

それでは実際にランニングがてら現地を訪れてみましたので、たくさんの写真を見ながら公園の紹介をしていきますね。

マップ

こちらのマップを見ていただくとわかりますが、この公園には展望広場とパノラマ台という2つの絶景スポットがあります。特におすすめなのがパノラマ台です。

この公園から見る富士山は「関東の富士見百景」にも選ばれていてそれも納得の大絶景が待っています。

展望広場

展望広場へは舗装された坂道を進みます。

途中には子どもが喜びそうな切り株のベンチなどもあります。

5分程度登ると水道局の施設が現れ、ここに展望台があります。そこからの景色がこちらです。

相模湾と逗子の街並みを遠望する絶景ですね。煙突から立ち上る煙がなんだかエモい。何の煙突なんだろう?

パノラマ台

パノラマ台へは舗装されていない山道を少し歩かないと行けません。

目印は先程の舗装された道路の脇に佇むこちらのお地蔵さんたちです。

ここをちょっと森へ入ると案内板があります。パノラマ代の方向へ進みましょう。

こんな感じの道を10分ほど歩くとようやく頂上に到着です。

ちょこっとベンチがあります。ここでコーヒーでも飲んだら平気で2時間くらい居られそう。

そしてここで思い出して欲しいのが、この場所が「パノラマ台」だということ。おそらく逗子(正確には鎌倉)で一番のパノラマビューがこちらです。

これは最高すぎませんか…。この小さい写真で伝わるかどうか。ぜひ一度、実際に観てください。

本当に360度見渡せるパノラマ台というのはなかなかありません。逗子鎌倉の街並みや相模湾、江ノ島、富士山などを一望するこの開放感はまさに格別です。

ハイキングコース

公園の北側にはハイキングコースがあり、名越切通や衣張山へと繋がっています。今度娘と挑戦してみようかな。

野生動物もたくさん

アライグマやタイワンリスなどたくさんの野生動物がいます。可愛いけど見かけてもエサをあげたりしないようにしましょう。

野鳥もたくさんいるようです。確かにそこらじゅうからたくさんの鳴き声が聞こえていました。

最後に:逗子で1番のパノラマビュー

今回は逗子鎌倉ハイランド(久木ハイランド)の頂上にある鎌倉市子ども自然ふれあいの森を紹介しました。

1番の見どころはやはり関東の富士見百景にも選ばれているパノラマ台からの大絶景です。この景色を観るためならコインパーキングから15分歩くのも惜しくありません。

逗子鎌倉以外からの方にもおすすめの穴場スポットです。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?
以上、逗子のお出かけスポット開拓中ととでした!ではまた!!

とと

こんにちは!『とと』と申します。

絶賛こそだて奮闘中のキャンプ好き栄養士お父さんです。

2021年、逗子に移住しました。中古戸建てのDIYセルフリフォームを楽しんでいます。

このブログでは、外遊び大好きな私がこそだてをする中で感じたことや便利だったもの、その他いろいろ書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら

逗子
スポンサーリンク
そとでこそだて【ソトコソ】

コメント