大崎公園【完全ガイド】どこよりも詳しく紹介します【逗子】

逗子

神奈川県逗子市は自然に恵まれた土地でたくさんの景勝地がありますが、その中のひとつが小坪にある大崎公園です。

とと
とと

大崎公園の特徴は程よい高度のパノラマビューで海を近くに感じられるところかな。逗子の街並みや相模湾を一望できるよ!

かか
かか

行きづらい場所だけど披露山の高級住宅を見ながら公園を目指すのも結構楽しいよね!

大崎公園は逗子の中でも屈指の景勝地でありながら、そのアクセスの悪さのせいか披露山公園などと比べると知名度はそこまで高くありません。しかしそこから見る景色は本物です。

そんな知る人ぞ知る絶景スポット、大崎公園の魅力をどこよりも詳しく(写真多めで)紹介します!

スポンサーリンク

アクセス

場所はこちらです。

地図を見ればわかる通り、駅からは遠く山の上なのでかなり行きづらい公園ではあります。

さらに最大の難点は駐車場が無いということです。駐車場は披露山公園と共用のため、車を降りてから15分ほど歩く必要があります。

披露山公園の駐車場は16時30分に閉まってしまうので帰りの時間には十分注意しましょう。

ちなみに逗子マリーナ側から歩いて行くこともできますよ。

施設紹介

それでは写真を見ながら大崎公園がどんなところなのか解説していきますね。

海に浮いているかのような公園

相模湾に突き出した岬の先端部分に大崎公園はあります。

この立地だからこそ、アクセスは悪いもののまるで海に浮いているかのようなパノラマビューを楽しむことができるというわけです。

披露山庭園住宅を抜けて大崎公園へ

今回は車を披露山公園の駐車場に停めて、娘と一緒に歩いて大崎公園へ向かいました。

展望台の脇にある小道を進んでいきましょう。

緩やかな階段が続きます。

5分ほど歩くと披露山庭園住宅に出ました。高級住宅を見ながら歩くのも楽しいですね。

道中、海が見えるポイントがいくつかあります。

公園に近づくにつれ標高が下がっていくため段々と海が近づいてくるのが感じられます。

20分ほど歩くとようやく大崎公園に辿り着きました。大人の足なら10〜15分程度で着くと思います。

眼下に広がる海と広々とした空間

公園内に入るといきなり絶景が目に飛び込んできます。

逗子マリーナ、小坪漁港、江の島を一望できます。天気が良ければ富士山も。

どこか南国を思わせるような木々もありとても雰囲気の良い公園です。

広々とした広場もありトンビが気持ち良さそうに飛んでいました。

園内マップがありましたが、これは…。標高だけははっきりわかりました。

娘はタンポポを摘んではしゃいでいました。

遊んでいた女の子たちが野蒜をくれました。独特のネギ臭がなんとも言えない。

東屋もあるのでお弁当などを持ってきても良いかもしれませんね。

お洒落なデザインのトイレがあります。

手洗い場もスタイリッシュ。

うさぎを模した文学碑がありました。

海に向かって突き出したパノラマ台

この公園の一番のおすすめポイントが相模湾に向かって突き出したパノラマ台です!

ここに座っているだけで嫌なことはひとまず忘れられます。

特筆すべきは海の近さです。展望台とかパノラマ台ってほとんどは海を遠望するものですが、この公園は違います。本当に手を伸ばせば届きそうなくらい海を近くに感じることが出来ます。

娘はいつも遊んでいる逗子海岸を指さして大興奮しながら何かを力説していました。逗子海岸や逗子の街並みをここまで見渡せる場所もとても貴重ですね。

この日は雲が多く富士山が出ていなかったのが残念ですが、天候に恵まれればはっきりと富士山を見ることもできますよ。

このパノラマ台のためなら頑張って歩く価値ありです。

最後に:大崎公園はもっと注目されるべき!

今回は神奈川県逗子市にある大崎公園について紹介しました。

相模湾に突き出した岬の上にあり、逗子の街並みや逗子海岸、逗子マリーナ、小坪漁港、江ノ島、富士山を一望できる抜群のロケーションを誇ります。

しかしながら駅から遠くさらに駐車場が無いというアクセスの悪さのせいか、披露山公園や蘆花記念公園などと比べるとちょっと影の薄い存在です。

とは言え、海を近くに感じられるそのロケーションの良さは他ではなかなか味わえません。少し頑張って歩く価値は十分にあるんじゃないかなと私は思います。

地元の方だけでなく観光で訪れても十分に満足できる公園です。皆さんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

以上、逗子のお出かけスポット開拓中ととでした!ではまた!!

とと

こんにちは!『とと』と申します。

絶賛こそだて奮闘中のキャンプ好き栄養士お父さんです。

2021年、逗子に移住しました。中古戸建てのDIYセルフリフォームを楽しんでいます。

このブログでは、外遊び大好きな私がこそだてをする中で感じたことや便利だったもの、その他いろいろ書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら

逗子
スポンサーリンク
そとでこそだて【ソトコソ】

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]