【保育園選びのコツ】広くて大きな屋外園庭は本当に必要?メリットは?

育児記録
ととさん
ととさん

今日は洋服がいっぱい汚れてるねー!

かかさん
かかさん

たくさん外遊びできたのかもね!

大切な子供の保育園選び。悩みすぎてどうすればいいか分からなくなっていませんか?

「大きな園庭がある保育園は少ないし、小さいところでいいかなー」と思っているそこのアナタ、ちょっと待って!!

我が家では娘の保育園を選ぶ際、「広くて大きな園庭があること」をとても重要視しました。

実際に通っているのは、大きな園庭に加えて中庭と屋上園庭まである保育園です。

その結果、親も娘も大満足の保育園選びが出来ましたので、今回は保育園選びのポイントである「広くて大きな園庭があること」の大切さについて解説します!

スポンサーリンク

3つの大きなメリット

はっきり言って、大きな園庭に関してはメリットしかないと思います。私が感じる大きなメリットを3つ紹介していきます。

子供の五感を刺激し発達を促す

青い空、まぶしい太陽、色とりどりの草花、虫の声、手に残った土の匂い、大きな園庭は感性豊かな子供の五感を刺激しまくります。

子供が短期間であっという間に成長していくのは何故だかわかりますか?

ちょっと難しい話をしますね。

まず五感から受けた刺激は電気信号となってニューロンと呼ばれる神経細胞に送られます。そしてニューロン同士の接続点となるシナプスが作られます。シナプスによってニューロン同士がつながることで、難しい動きや高度な考え方が出来るようになっていくのです。

子供たちはこのシナプスをとんでもないスピードで増やしていきます。だから、小さい頃に五感をビンビン刺激してくれる大きな園庭の存在はとてつもなく大切なのです。

日本は四季がハッキリしています。移り変わる季節を、常に変わる自然の変化を、子供たちは肌で感じ取りながら成長していくことができます。室内では難しい、屋外園庭ならではのメリットと言えるでしょう!

園外公園への移動が少なく安全

大きな園庭が無い保育園では、外遊びの時にはどうしても園外の公園へ散歩に出掛けなければなりません。

限られた数の保育者で、元気いっぱいの子供たちを見ながら移動するのは相当大変なことです。交通量の少ない道路を選んでいても、車がいつ来るかはわかりません。

散歩時の事故など、とても悲しいニュースも目にします。園外に出なくても体を動かして遊べるような大きな園庭というのは、このような危険からも子供たちを守ってくれているのかなと思います。

子供がよく寝てくれる

保育園から帰ってきた子供が元気いっぱい過ぎてなかなか寝てくれない…。

これは結構あるあるですね。うちの娘も雨などで外遊びが出来なかった日は、元気が有り余りすぎて寝付きが悪いことがあります。

子供にはちょっと申し訳ないけど、早く寝かしつけて自分の時間を楽しみたい時だってありますよね?このブログも娘を寝かしつけてから書いています。

子供たちが園庭で遊んでいる姿を見ると、本当に楽しそうなんですよね。砂場で一生懸命なにかを作っている子もいれば、全力で友達を追いかけまわしている子もいる。あれだけ必死になって遊んでいれば疲れて眠くなっちゃうのも納得です。

まとめ:広くて大きな園庭は必須です

ととさん
ととさん

最後まで読んでくれて

ありがとうございます!

いかがでしたでしょうか?「広くて大きな園庭があること」は子供にとっても親にとっても大きなメリットだということがお分かり頂けたと思います。

もちろん都心などでは大きな園庭のある保育園は少ないかもしれません。そう言った場合は「公園が近くにある保育園」といった選択肢も視野に入れて考えましょう。

大切な子供の保育園選び。悩みすぎてどうすればいいか分からなくなってしまった時は、大きな園庭があることの大切さをいま一度思い出してみて下さい。

子供の成長を一番に考える皆さんとその可愛い子供たちが、素敵な保育園生活を過ごせますように。

以上、絶賛子育て奮闘中ととさんでした!
ではまた!!

ととさん

こんにちは!ととさんと申します。

絶賛こそだて奮闘中のキャンプ好きお父さんです。

テニス・水泳・サイクリングなどアウトドアをゆるりと楽しんでいます!

栄養士の資格を持っていますが、今はデスクワークが中心です。

このブログでは、外遊び大好きな私がこそだてをする中で感じたことや便利だったものなどについて書いていきます。

詳しいプロフィールはこちら

育児記録
スポンサーリンク
そとでこそだて【ソトコソ】

コメント