逗子市小坪レインボーベーカリーが8/27にOPENしたので早速行ってみた!

食べる

こんにちは!逗子市在住のととです。

逗子は何気にパン屋激戦区なのですが、その中で小坪というエリアはパン屋の少ない土地でした。そんな逗子市小坪に2022年8月27日にオープンしたのが今回紹介するレインボーベーカリーさんです。

有名ベーカリープロデューサー岸本拓也氏監修のパン屋ということもあり、私が訪問したオープン2日目は雨にも関わらず長蛇の列が出来ていました。

少数精鋭の厳選されたイタリアの風薫るパンたちを堪能してきましたよ!

スポンサーリンク

基本情報

住所神奈川県逗子市小坪5-2-1
電話番号0467-55-5433
営業時間8:00〜17:00
定休日年中無休
座席数なし(テイクアウト専門)
駐車場なし
公式SNS公式Instagram
ホームページ公式サイト

アクセスと駐車場

場所はこちらです。

逗子小坪郵便局がある通り沿い、魚佐次のちょうど向かいにあります。逗子マリーナからも近くロケーションは抜群です。

JR逗子駅から徒歩で約30分、京急逗子葉山駅からは約34分のところにあります。駅からはちょっと遠いので電車利用の場合はダイチャリがおすすめ。逗子にはダイチャリのステーションがたくさんあり結構便利です。

ダイチャリ DAICHARI 東京、神奈川、埼玉エリアのシェアサイクリング|HELLO CYCLING
東京、神奈川、埼玉エリアを中心にシェアできる自転車のレンタサイクルサービスです。主に利用開始30分まで130円、延長15分100円/12時間1,800円で24時間いつでもどこでもお気軽にお使いいただけます。

車の場合は駐車場がないので近隣のコインパーキングに停めることになります。最寄りのコインパーキングはこちらです。

お店からは50mほどのところにあります。

最寄りのコインパーキング
台数5台
基本料金0:00~24:00 110円/15分
最大料金駐車後12時間 1200円

こちらの駐車場ですが逗子マリーナから近く5台しか停められないため、満車になっていることが比較的多いです。その場合は近隣にもコインパーキングが数カ所ありますのでそちらを利用してください。

外観

お店の外観はこちらです。

レインボーベーカリーの外観

一軒家を改装して作られた店舗。イートインスペースは無し。店内に入店することもなく、ショーケースの前でオーダーするテイクアウト専門のお店です。

大きく書かれた「BREAD」の文字が潔く、どこからどうみてもパン屋だということが一目でわかります。

店先に飾られた花の中には、こちらのお店を監修した有名ベーカリープロデューサー岸本拓也氏の名前がありました。オープン初日に訪問した家族の話では、ラ・ベットラの落合務シェフからの花も飾られていたそうですよ。

これは味に期待が高まります。

イタリアの風薫るパン

売られているのは少数精鋭の厳選されたパンたち。

店頭に並ぶパン
店頭に並ぶサンドウィッチ

パン15種類ほどとサンドウィッチが2種類でした。

レインボーベーカリーのあんパン

あんパンは、こしあんとつぶあんの2種類から選べます。

レインボーベーカリーの惣菜パン

こちらは並んでいませんが5分ほど待てば購入できるとのこと。パンツェロッティは揚げピッツァのことで、イタリアの家庭料理です。

レインボーベーカリーのドリンクメニュー

ドリンクメニューはこちら。子供がいるとパック牛乳があるのは助かります。

素朴な味がイイ

今回購入したのは、ロコモコバーガービーフカレーパン塩パン十勝つぶあんパンバナナパンの5種類です。本当は逗子マリーナや小坪海浜公園などで食べたかったのですが、雨のため車内での写真ばっかりになってしまいました…。

レインボーベーカリーのロコモコバーガー

ロコモコバーガーは柔らかめのバンズに目玉焼き・ハンバーグ・レタスが挟まっています。ハンバーグが肉厚でボリュームがありますが、ソースが濃すぎず優しい味付けで朝でも軽く食べられました。

レインボーベーカリーのビーフカレーパン

ビーフカレーパンは揚げたてだったこともあり、薄めのパンがサックサクで絶品でした。カレーは割とスパイシーで具材をゴロゴロと感じることができます。これはおすすめです。

レインボーベーカリーの塩パン

塩パンはとにかく軽いです。もっちりではなく、ふわっと軽く食べられます。塩味が結構強めに感じました。

レインボーベーカリーの十勝つぶあんパン

あんパンはつぶあんを選びました。硬めの餡子が柔らかめのパンによく合います。甘さは控えめで、甘すぎるのが苦手な人でも美味しく召し上がれると思います。牛乳と合わせると格別です。

レインボーベーカリーのバナナパン

バナナパンは子供が大ハマりして何度もおかわりをねだられました。見た目はパウンドケーキのようですが、生地はバター香るデニッシュのような食パンのようなふわっと軽い食感です。これは子供におすすめですね。

おまけのラスク

おまけでラスクまでいただいちゃいました。これでもかというくらい砂糖がかかっていますが、これがまた手が止まらなくなる美味しさです。コーヒーとの相性は抜群でした。

まとめ:素朴な味がウリの街のパン屋さん

ハード系のおしゃれなパンもいいですが、こういう給食に出てきそうな素朴なパン屋さんは毎日でも食べられます。横須賀市浦賀の浜田分店みたいな感じ。

オペレーション的にはまだまだこれからな部分もありつつ、オープン直後のバタバタしながらも賑やかな感じを楽しむことができました。

今回はあいにくの雨模様でしたが、次回はスカッと晴れた日に逗子マリーナや小坪海浜公園でコーヒー片手にのんびりいただきたいものですね。今回はご馳走様でした。

以上、目指すは逗子のグルメ王、ととでした!ではまた!!

とと

こんにちは!『とと』と申します。

絶賛こそだて奮闘中のアウトドアお父さんです。

2021年、逗子に移住しました。中古戸建てのDIYセルフリフォームを楽しんでいます。

このブログでは、逗子の魅力、子育て、DIYなどなど、少しでも皆さんのお役に立てるような情報を発信していきます!

詳しいプロフィールはこちら

食べる
スポンサーリンク
いいなと思ったらシェアお願いします!
そとでこそだて【ソトコソ】

コメント